HOME > ニュース > 「HOSPEX Japan 2017」に企業出展

「HOSPEX Japan 2017」に企業出展

~「LA-cPRO アラート管理」を展示~

2017年11月13日
リード株式会社
代表取締役社長 塚越智和

リード株式会社(以下、リード)は東京ビッグサイト(第4~6ホール)で開催される「HOSPEX Japan 2017」(以下、本展示会)へ出展します。 本展示会の特徴は①学会併設の展示会、②ビジネスに特化した専門展示会、③医療・福祉分野の総合展示会であり、約400社、約22,000名の来場を予定している国内最大規模の展示会です。
「LA-cPRO アラート管理」は群馬大学医学部附属病院(以下、群馬大学病院)・デルタパスジャパン株式会社・リードによる共同プロジェクトとして開発しました。 現在、群馬大学病院にて運用試験が行われています。

本システムの特長として
  • 多種多様なシステムで発生するアラートを一元管理
  • アラート情報の伝達漏れ、伝達ミスを防ぎスタッフの負担を軽減
  • インターネットに接続されていないLAN環境でもプッシュ配信が可能

※「LA-cPRO アラート管理」の詳細はこちらから!

今後、群馬大学病院での運用試験が終了後、全国の医療機関に本システムの販売を開始します。 また、システムに依存することなく容易に拡張性が可能なため、検査という枠に留まらず様々な情報の伝達が柔軟に対応できるよう開発を進めていきます。

展示会名

HOSPEX Japan 2017

開催期間

平成29年11月
20日(月)12:00~18:00
21日(水)10:00~17:00
22日(木)10:00~17:00

大会会場

東京ビッグサイト 第4~6ホール

小間No

4A-209 (東京都医工連携HUB機構/東京都中小企業振興公社 ブース内)

※事前参加登録を行わない場合、有料となりますのでご注意下さい。
事前参加登録はこちらから手続きをお願い致します。

デルタパスジャパン株式会社についてhttps://www.deltapath.co.jp

デルタパスは、あらゆる業界や企業規模のお客様へユニファイドコミュニケーションソリューションを提供する世界的なソリューションプロバイダーです。 人々がいつでも、どこからでも、どのようなデバイスからでもつながり、コラボレーションができる環境を提供することをビジョンにして2001年に設立されました。 ハードやソフトウエアにおいて革新を続け、人々が単に1対1でお互いの顔を見て話すということではなく、強い信頼関係を築けることが可能になるソリューションを提供しています。 我々は、医療、教育、コールセンター、サービスオフィス、電気通信、小売、製造、公共部門等といった多くの業種のお客様からのサポートをいただき、 94か国、277のサイトでソリューションを採用していただいています

リード株式会社(LEAD)についてhttp://www.lead-ltd.co.jp

リードは、首都圏企業をはじめとした全国の企業に付加価値の高いITサービスを提供しています。 サービスの主なラインアップは、医療・介護システムの開発及び導入支援、個別企業の業務システム開発、ERP(総合業務パッケージ)導入支援、IBM System i向けシステム開発、自社開発業務パッケージの導入の5つ。 それぞれでシステム提案から設計・開発・導入~保守・運用サポートのトータルサービスを提供しています。

本リリースに関するお問い合わせ

リード株式会社
営業本部 本社営業部

  • ISMSに基づき情報セキュリティの管理運用体制を整備しています。

ページのトップへ戻る